北辰テスト試験対策

埼玉県公立高校 入試制度

北辰テスト試験対策 > 埼玉県受験情報 > 埼玉県公立高校 入試制度

埼玉県公立高校の入試制度は、「学力調査」、「調査書」に分かれます。
高校によっては、面接や実技検査など設定し、「その他資料」として評価されます。

 

それぞれの配点は高校によって異なるので、志望校は必ずチェックしておきましょう。
下記の表に代表的な高校と選抜方法を記載します。

高校 第1次選抜
学力検査:調査書
第2次選抜
学力検査:調査書
県立浦和 500:334 500:215
浦和第一女子 500:335 500:215
大宮(普通) 500:334 500:215
大宮(理数) 700:467 700:300
春日部 500:334 500:215
県立川越 500:335 500:215
川越女子 500:334 500:215

(注意)大宮高校(理数)は数学、理科の傾斜配点

 

第2次選抜の方がより学力調査重視の割合になっていますね。

募集定員の増減や倍率もチェックしたいところ。

 

大体どれくらいの高校に入れそうか?
もしくは、チャレンジできそうか?

北辰テストは埼玉県の中学生のほとんどが受験するので、志望校選びの目安になります。



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。