中学生だった頃の北辰試験の結果

雑談なので、スルーしてください^^

 

 

家の中を整理していたら、私が中学生だった頃の北辰テストの結果が出てきました。
中学3年の頃、5回も受験したことを全く覚えていません。

 

 

結果を見ると、当時は100点満点ではなく、40点満点でした。
そして順位は記載されていません。
当時は序列をつけることに抵抗があったのでしょうか?

 

 

今みたいに私立高校の合否の基準にはなっていなかったので、単なる実力試験だったんですね。
志望校を書くところもなかったので、試験を受けて、結果を見て、偏差値どれくらい?。

 

 

今だと北辰テストの偏差値が志望校選びにとても大事になっています。
羨ましいのは、北辰テストの頑張りが直接、合否に影響すること。

 

 

一発勝負の試験では緊張して力を発揮できないこともあります。
普段の実力を北辰テストの結果を見て考慮してくれるシステムは、個人的には大いに評価できると思っています。

 

 

あまり覚えていないので、正直、懐かしいという感覚も薄いです^^
しかし、子供も私と同じ北辰テストを受けるようになっていることは感慨深い。

 

 

時の流れを感じます。