北辰テスト試験対策

いよいよ新学期ですね

北辰テスト試験対策 > 埼玉県受験情報 > いよいよ新学期ですね

子供の高校受験が終わりました。
4月からはいよいよ高校生になります。

 

受験の備忘録も兼ねてこのサイトを立ち上げてきましたが、
今後は後輩受験生の参考になればと思います。

 

さて、我が家は最初から埼玉の県立高校を受験しない方針でした。

 

私立一本。
国語、数学、英語の3教科に絞って勉強をしました。

 

9教科を満遍なく勉強して、良い点数を取ることは、
1年、2年の成績を見ると厳しいことは明らかでした。
つまり内申点を稼ぐことは期待できない。

 

もともと勉強は好きではないので、コツコツと勉強することも難しい。
子供と話し合って、3教科で勝負することに決めたのは3年の4月。

 

そして、年明けに受験が始まりました。
受験は1月からスタートして合格発表含めて2月中旬まで。

 

合格したり落ちたり・・・と冷静な子供と一喜一憂する両親。
終わってみると親子共々、良い経験になりました。

 

今年の入試、つまり2018年入学する受験は、大学付属の高校に人気が集まったようです。
まだ一部しか入試データは公表されていませんが、合格発表時の受験番号をみると去年よりも全然受験者数が多い!
もう少ししたら各学校のデータも揃うので、各塾などがレビューしていくと思います。

 

子供が通っていた中学では、合否に明暗が別れました。
学年でもずっとトップだった子が第1志望、第2志望に落ちてしまいました。
第1志望に合格できなかった子、少しランクを落として合格できた子。
うちの子供のように学校での成績はあまり良くなかったのですが、
早慶の付属に奇跡的に合格してしまったり。

 

中学生はまだ15歳と人生経験は少ない子がほとんど。
将棋の藤井聡太さんや小さい頃から活躍している子役、アイドルは別として、
まだまだ思考は幼い子が多いでしょう。
受験の結果で全てが決まってしまうと思い込んでも仕方ありません。
そんなに学歴は関係ないと思うのは大人になってから。

 

新たに中学3年生を迎える子は、これから徐々にペースアップですね。
是非、良い結果が得られることを望んでやみません。



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。